Anand Shyam

1980年頃からゴンド画家として活動を開始し、Madhya Pradesh州の首都Bhopalで最も長いキャリアを持つ画家の1人。2001年にthe National Awardを受賞。これまでに複数の国で作品を展示している。トレードマークは半円と線を組み合わせたパターン柄と、ブロックを重ねるようなモチーフの描き方。黄色やグリーンなどのパステル色と黒を交互に織り込んだ絵が多いのも特徴。

※絵の画像をクリックすると拡大します