Sukhnandi Vyam

幼少の時から彫刻・陶芸に親しむ。8歳でIGRMS(国立人類学博物館)が主催するパタンガール族の工芸や絵画を紹介するワークショップに参加。2002年に木工彫刻部門でマディヤ・プラデーシュ州の優秀な芸術家に与えられる芸術賞を受賞。大胆で躍動感のある構図の中に細部まで緻密に描写したパターン模様が特徴。ゴンド族に伝わる神話をユーモラスに描いている。

※絵の画像をクリックすると拡大します