Rum Singh Urveti

1970年生まれ。民族に伝わる神話や寓話を題材とし、白黒を基調とした作品を描く。モチーフの中を埋めるパターン柄は、ゴンド族が身につけるネックレスや弓矢を元にしている。これまでに国内外の展示会に複数出展している。2008年には世界的人気を博した「夜の木(The Night Life of Trees)」(Tara Books)を同じゴンド画家のBhajju Shyam、Durga Baiとともに出版し、イタリアのthe Bologna Ragazzi Awardを受賞。2017年に刊行されたTara Booksの「太陽と月(Sun and Moon)」の表紙を担当。

※絵の画像をクリックすると拡大します