Durgesh Maravi

1987年10月生まれ。先輩画家であるSubhash VyamやMayank Kumar Shyamのアシスタントとして作画に取組み、2011年に独立。複数の動物を組み合わせた豪快な構図や、パターン柄の緻密さ、緑とピンクの彩色が特徴。伝統的な描き方を維持しながらも、他の画家が使わない水彩絵の具に挑戦するなど、オリジナリティも追求している。
※絵の画像をクリックすると拡大します